ホーム  |  町概要  |  アクセス  |  特産品  |  レジャー施設  |  年間イベント  |  帝釈峡  |  リンク   |  English facebook  


国定公園
TAISHAKUKYOU

  

日本5大名峡の一つ国定公園帝釈峡は、東城町、神石高原町にまたがり南北約20Kmにわたる大峡谷。 この地方に発達しているカルスト台地が帝釈川によって侵食されてできた峡谷で、世界三大橋の一つとして知られる日本一の天然橋「雄橋」(国天然記念物)、白雲洞に代表される鍾乳洞、急流の断魚渓、岩柱、滝などの奇勝奇岩で有名。1924(大正13)年、帝釈川をせきとめて造った神竜湖の水面に新緑、紅葉の色が鮮やかに映じ、断崖絶壁を見上げながらの船遊びはまるで絵の中にいるよう。 上帝釈、永明寺から神竜湖乗船場までの約4㎞のハイキングコースは、春は桜、つつじ、ふじなどが咲き乱れ、夏はひんやり避暑気分、秋には岩山に生えている原生林が見事に紅葉し、あたり一面が紅に染まる。秋の遊歩道は、春とは違ってまた格別で、緑のトンネルが今度は鮮やかな"紅のトンネル"へと変化する。最近8,000~10,000年前の古代住居跡と考えられる遺跡や人骨が発掘され考古学上でも貴重な地域となった。



関連リンク


© 1995-2017 Hisaharu Tanabe. All rights reserved.

This site is hosted by Arisu Communications.